シャンクスの能力者説と悪魔の実を食べない理由を考察!

「ONE PIECE」の連載が始まってからずっと四皇に君臨するシャンクス、その強さは確かなものですが、なぜ悪魔の実を食べていないのでしょうか。

正しく言えば「おそらく食べていない」となりますが、これまでにシャンクスが悪魔の実を食べた描写はされておらず能力者だと疑うようなシーンもありません。

しかしシャンクスの悪魔の実は何なのか予想している人が多いのも事実であり、四皇になってから食べたのでは?という説もあります。

ここでは「ONE PIECE」シャンクスがなぜ悪魔の実を食べないのか理由の考察と、もし食べているのなら何の実でどんな能力を持っているかについて紹介します。

目次

「ワンピース」シャンクスはなぜ悪魔の実を食べない?理由を考察!

シャンクスが赤髪海賊団の海賊団の大頭になる前、ロジャー海賊団の見習い時代は非能力者だったことは間違いなく、実際に溺れるルフィを助けるため海にも入っています。

1話ではシャンクスも悪魔の実について詳しい様子もなく、シャンクス自身も能力者でない描写でした。

誰しもが四皇であるシャンクスは”かなり強い”と考えていると思いますが、その強さは作中でほとんど描かれていません。

しかしマリンフォード頂上決戦の時に赤犬の攻撃を簡単に止めたり、もし悪魔の実を食べていないとしたら特別な血をひいているとしか考えられないですよね。

もしシャンクスが今も悪魔の実を食べていないとしたら、食べない理由の考察のひとつは『シャンクス=天竜人』説ではないでしょうか。

天竜人(世界貴族)はワンピースの世界では気高き血筋をひく者として、神のような存在です。

天竜人とは・・・800年前に世界政府を作り、聖地マリージョアに移り住んだ王たちの一族

神である天竜人にとって悪魔の実を入手することは容易で、悪魔の実は悪ふざけの道具だったのではないでしょうか。

というのも悪魔の実を食べると得られるのは、人間では考えられない超越した能力、それは弱い(権力をもたない)人間が欲するものです。

すでに権力をもつ天竜人にとって「強くなる」ということは必要ではなく、なぜ好んでまずい実を食べないといけないのかと考えていたと思われます。

しかしこれはシャンクスが悪魔の実を食べない理由には繋がらないことから、別の理由が考えられ、天竜人が悪魔の実を食べることは禁忌であり、神である彼らが食べた場合、何らかの副作用(?)があるのかもしれません。

そしてシャンクスが悪魔の実を食べない2つめの理由の考察としては、シャンクスは剣士だからです。

ワンピースに登場する他の剣士【ゾロ・ミホーク・レイリー】は現段階では非能力者だと考えられますし、悪魔の実を食べることによって剣士として何らかのデメリットがあるのではないでしょうか。

とはいえ、剣士で能力者でもある【イッショウ・ドレーク・シリュウ】なども存在するため、そのデメリットは明らかではありませんが、悪魔の実を食べない剣士がいるのは何か理由がありそうですよね。

シャンクスの能力者説の考察

前述ではシャンクスが今も非能力者なのであれば、なぜ悪魔の実を食べないのかについて紹介しましたが、もしすでに食べていたとしたらどんな能力を得ているのでしょうか。

最も有力なシャンクスの能力の予測として真っ先に考えられるのは「瞬間移動」ですよね。

これまでにシャンクスは様々な場面で辻褄が合わない場面に突如現れ、読者の間でも話題になっていました。

・マリンフォード頂上決戦でコビーを助けた時

・907話で突然マリージョアに現れた時

・ルフィが海で近海の主に襲われた時(周りにシャンクスの姿はなかった)

新世界でカイドウと争っていたシャンクスが翌日にマリンフォードにいることは考えにくく、はやり能力者なのでは?という声があがるのも当然です。

これを参考に考えるとシャンクスが悪魔の実を食べているとしたら、【瞬間移動できる能力=ワープできる能力】ということになりますが、すでにヴァン・オーガーがワプワプの実を食べているので同じ能力は考えにくいですよね。

となると他に考えられるのはシャンクスの能力は【時を操作することができる力・物(人)を移動させる力】の可能性が出てきます。

かつて時を操作し人を移動させることが出来る人物として、光月トキがいたのを覚えていますか?

トキはおでんの死後自分だけ過去のおでん城に残り、「トキトキの能力」を使って錦えもんらを20年後に飛ばしました。

おそらくシャンクスもトキトキの能力を持っていると考えられ、トキが20年後へ一緒に行かなかったのはすでにその時代には同じ能力を持つシャンクスがいたからではないでしょうか。

光月トキ「遂にたどり着いたの・・・旅の終着点に。
だから私はここに残るわ」参考:第920話

すでにトキは過去から来たという描写もありましたし、すでに長く能力を持っていたと考えられますが、あのままおでん城に残れば命を落とすことが分かっていながら残ったのは、相応の理由があると考えられるのが自然です。

シャンクスがこの能力をつかえば、頂上決戦の時に前日にカイドウと新世界で争っていたにも関わらず、一晩で赤髪海賊団もろともマリンフォードに来れたことも、子供時代のルフィが近海の主に襲われた時突然シャンクスが現れたことも、説明がつきますよね。

シャンクスはルフィが海で襲われた時、助けるために海へと移動したものの能力者のため力が入らず、近海の主に腕を食べられてしまった。

シャンクスの能力者説と悪魔の実を食べない理由を考察!まとめ

ここではシャンクスがなぜ悪魔の実を食べないのか、食べない理由は何なのか、またもしすでに食べているとしたらその能力は何なのかについて考察を紹介しました。

シャンクスの能力の有無については今後明らかになり、過去に起きた謎と繋がっていくと思いますが、能力を隠していた理由も気になりますね。

シャンクスについてはまだまだ分からないことも多いことから、今後登場回数も増えていくのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次